なぜ建築訴訟が生じるのか

建物の建築をめぐるトラブルはときとして訴訟にまで発展することがあります。

もともと大きな金額の取引であるし、マイホームの建築ともなると普通の人々にとっては一生の買い物となることから、顧客は特に目的物の欠陥に過敏になります。しかし、建築会社の立場から見れば、顧客の訴えはそれほど重大ではない問題点をあたかも深刻な欠陥であるかのように強調したもので、補修の要求にすべて応えることは費用的にもとても無理ということがあります。このとき、顧客と建築会社の主張は激しく対立し、容易に歩み寄ることができない状況に陥ります。そのため、基本的に当事者の合意で解決していく示談交渉や調停、ADRでは決着がつかず、どちらの言い分が正しいのか訴訟の結果にゆだねるしかないという事態が生じてしまうのです。

建築会社が顧客から訴えられた場合、請求額が比較的高額に上ること、裁判所に提出する法律的な書面が相当の量に上ること、相手方に反論したり自らの主張を組み立てたりするのにある程度高度な法律知識が必要とされること等から、弁護士に事件を依頼するのが通常であると思われます。以下では、建築会社の方々にとって知っていれば弁護士との協力が容易になるような、建築訴訟の基本について解説します。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

不動産問題でお悩みの方、不動産問題に力を入れている弁護士にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

問い合わせの総合ページはこちら

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/