地代不減額特約を締結する代わりに、地代を安くしてもらった場合であっても、減額請求をすることはできますか?

上記のとおり、確かに減額請求自体はすることができますが、もともと地代が安いのであれば、減額が認められない場合も多いでしょう。また、仮に減額が認められたとしても、もともとディスカウントされた地代を負担していたのですから、減額の程度も小さくなる可能性があります。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/