アパートの一室を、大手企業の社員だという人に貸したのですが、借主は、実は定職についていないことが分かりました。家賃支払いに不安があるのですが、このような身分の偽りを理由として賃貸借契約を解除できるでしょうか。

借主がきちんと家賃を支払っており、部屋の使用についてルールを守っているような場合であれば、賃貸借契約を解除するのは難しいでしょう。
貸借契約の解除は、信頼関係の破壊があった場合でなければ難しいのです。そして、賃貸借契約における借主の基本的な義務は家賃を支払うこと、部屋の用法を守って使用することです。これらの基本的な義務を守っている限り、身分を偽られたことのみで信頼関係が破壊されたとは認められないでしょう。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/