父の遺産についてまだ遺産分割は済んでいませんが、将来的に母と同居することを考えて、父が居住していた持ち家のバリアフリー化リフォームを行いました。しかし、その後、父が多額の借金を抱えていたことを知りました。この場合、私は父の遺産について限定承認や相続放棄をすることができるのでしょうか。

遺産である家屋のリフォーム工事は、家屋の現状を変更して価値を増大させる行為であると考えられますので、処分行為にあたると思われます。そうすると、ご質問の場合は、単純承認をしたものとみなされますので(民法921条1項)、限定承認や相続放棄をすることはできず、父が遺した貸金債務を相続しなければなりません。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/