借地人が借地権を転貸していた場合や、借地上に建物を建て、それを第三者に賃貸しているような場合、借地人との合意だけで、借地権を買い取ることはできますか?

借地人が、借地権を第三者に譲渡・転貸した場合には、地主が承諾しなければ、借地人が裁判所に対し、承諾に代わる許可を申し立て、許可がなされなければ、無断譲渡・転貸となります。無断譲渡・転貸の場合、地主・借地人間の信頼関係が破壊されていると言えなければ、解除することができないと解されていますが、承諾に代わる許可が認められなかったのであれば、無断譲渡・転貸を理由とする解除ができる場合も多いかと思いますし、その場合には、転借人に承諾を求める必要はありません。もっとも、第三者が、借地権の譲渡・転貸を受け、借地上の建物を所有していた場合には、建物買取請求権を行使される可能性があります。一方、承諾に代わる許可が認められた場合や、地主自身が承諾したような場合だと、無断譲渡・転貸にはあたらないことになりますので、借地人の債務不履行による解除であれば転貸人の承諾は不要ですが、合意による解除の場合には、転貸人の承諾がなければ、借地権を買い取ったとしても、転貸人は適法に当該土地を占有することができてしまいますので、合意解除の場合、転貸人の承諾も必要と考えられます。
なお、借地上の建物を第三者に賃貸しても、借地権の譲渡・転貸には当たらないと解されておりますので、無断譲渡・転貸を理由とする解除をすることはできず、適法な借地権譲渡・転貸があった場合と同様の結果になると考えられます。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/