借地権が設定されている土地について、当該土地を買いたいという人が現れたので、譲渡をしたいのですが、借地権を買い取ってから譲渡した方がいいでしょうか?

借地権の買取りについては、借地人の合意がなければできないので、借地人が合意をしない場合には、原則として借地権は少なくとも期間満了までは存続してしまうことになります。一方、土地の譲渡があると、賃貸人は譲渡人から譲受人に交替するのが原則です。譲受人が、たとえば借地権を存続させたまま譲り受けることを承諾しているような場合には、借地権を買い取らずに、そのまま譲渡してしまった方がいいと言え、その場合、借地人の承諾がなくても譲渡することができます。しかし一方で、譲受人が、立地条件を気に入り、当該土地にビル等を建設する予定であったような場合だと、借地権を買い取るか、借地契約を解除しておかなければ、譲受人の目的が達成できないため、譲受人の購入目的をしっかり確認しておく必要があるでしょう。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/