借地権の買取りを借地人から申し入れられた場合、それに応じなければならないのでしょうか?

借地人からの買取りに応じる義務はありません。借地人が借地権を相続したような場合ですと、借地自体が不要になる場合もあり、借地料を支払い続ける理由がなくなることから、借地権の買取りを申し入れることもよくあり、買取りに応じない場合には、借地料を払わないといった対応をとる可能性もあります。この場合には、賃料不払を理由に、借地契約を解除することによって対応することもできますが、借地人所有の建物を取り壊すには、強制執行によらなければならず、勝手に壊すことができないことや、費用も発生します。また、地主様が借地人の買取申入れに応じないため、借地人が第三者に借地権を譲渡したような場合、仮に地主様が承諾しなくても、裁判所による許可がなされる場合も否定できず、その場合には、承諾料を受け取ることができるものの、裁判所に出向かなければならないといった負担もあります。このように、借地人からの買取りに応じない場合、何らかのトラブルが生じることもありますので、弁護士を交えて交渉をするなどして、スムーズにトラブルを解決できる場合もあります。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/