アパートの一室を貸しています。賃貸借契約期間の途中で賃借人から解約の予告(中途解約の申し入れ)があったのですが、その後、やはり解約しないと言い始めました。もう解約を前提で次の賃借人の募集も始めているので、現在の賃借人には予告通り退去してほしいのですが、明渡しを求めることはできますか。

契約の解除の意思表示は撤回することができないとされています(民法540条2項)。解除は解除する側の一方的な意思表示ですので、これを自由に撤回できるとすると、相手方の立場が不安定になるからです。


ですから、原則として、賃借人は解約予告を撤回できません。解約予告の撤回ができない以上、賃貸人は、解約予告期間の満了後に賃借人に明け渡しを求めることができます。そして、解約予告期間満了後も賃借人が退去しない場合は、退去するまでの間、賃料相当の使用損害金を請求することができます。ただ、場合によっては、契約の相手方の方でも、解除の意思表示を撤回して契約を続けてもらった方が好都合ということもあります。

そのため、相手方の承諾があれば解除の意思表示を撤回することができるとされています。したがって、賃貸人の側でも、賃借人に引き続き借りてもらいたいという場合には、解約予告の撤回を認めて、改めて賃借人との間で賃貸借を続ける合意をすることが可能です。

 

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~21:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/