アパートの一室を貸しているのですが、借主から壁紙の張り替えをするのでその費用を負担して欲しいと言われました。この費用は負担しなければならないものなのでしょうか。

既存の壁紙の損耗が激しいような場合ですと、必要費(民法608条1項)として支払いをしなければならない場合があります。
また物件の客観的価値を高めるような高級な壁紙に取り換える場合には、賃貸借契約終了後である物件の明渡時になおその壁紙によって部屋の価値が高まっているといえるのであれば、有益費(民法608条2項、198条2項)として支払わなければならない可能性があります。
既存の壁紙の模様が気に入らないとして、未だ損耗のない壁紙を別の模様のものに交換したいという場合であれば、上記いずれにもあたりませんので、法律上賃貸人が負担すべきことにはなりません。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/