従来の地代は10万円だったのですが、地代を13万円に増額しようと考え、地代増額請求を裁判所に提訴しました。その間、借地人からは12万を提示され、とりあえず受領はしていたのですが、裁判所による鑑定を行った結果、11万円が妥当との不動産鑑定士の鑑定意見でした。裁判所は、借地人が提示した12万円よりも低い11万円を相当として判決をするのでしょうか?

裁判所が妥当だと考えた額が、借地人が相当と考えた額を下回る場合には、〔1〕その差額につき借地人の合意があったと考えるのか、〔2〕借地人としては裁判所に判断を委ねただけで、その額はあくまで暫定的なものであり、裁判所は、その額を下回るものでもよいのか、については、争いがあります。〔1〕によった場合には、地主は返還する必要はありませんが、〔2〕によった場合には、借地借家法には当該状況の場合について何ら定めていないため、一般原則に従い、地主は、超過額を不当利得(民法703条)として年5分の利息を付けて借地人に返還することになります。裁判実務としても固まった見解があるわけではなく、判決となった場合、どのような判決になるかは予想しかねますが、〔2〕の見解が学説上は有力です。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/