建物の建て替えが制限される理由

通常、建物所有を目的とする借地契約においては、契約書において、建物の種類・構造・規模・用途を制限する特約が付されています

したがって、建物を建て替えたいと思っても、もし新しい建物が契約で定めた条件に反するものであった場合には、建て替えは契約上禁止されることになります(契約を破って建て替えを強行すると、場合によっては契約を解除されてしまうこともあり得ます)。

具体例

たとえば、契約で建物の「構造」を木造2階建てと定めていた場合は、新しい建物を鉄骨造3階建てにすることは、契約違反となってしまいます。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

不動産問題でお悩みの方、不動産問題に力を入れている弁護士にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

問い合わせの総合ページはこちら

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

当事務所では、弁護士が毎日のように不動産問題の相談に向き合っております。不動産問題でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご予約専門ダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで

携帯サイトhttp://www.springs-law.com/m/